コレクティングチタンカップ YA-1/0W35

  • $35.46
    単価 あたり 


歴史ある車両が、断熱性に優れた中空成形のチタンカップに復刻版として登場。

ヤマハファンの方に是非お使いいただきたい一品です。

 

【商品概要】

  • サイズ:直径69mm×H56mm
  • 材質:チタン
  • 重さ:58g
  • Made in Japan(新潟県燕市)

 

【車両説明】

■YA-1
ヤマハ発動機の製品第1号。黒一色で重厚なデザインが常識だった当時、栗茶色のスリムな車体から、“赤トンボ”の愛称で呼ばれた。また、1955年7月の第3回富士登山レースや同年11月の第1回浅間火山(全日本オートバイ耐久)レースで上位を独占し、走行性能の高さも実証。大卒初任給が平均1万円ほどの時代に13万8千円という価格にも関わらず、3年間で約1万1千台が世に送り出された。

■0W35
1年間のファクトリー参戦休止を経て、1977年開幕戦から登場したニューマシン。エンジンは、ボア×ストロークを54×54mmから56×50.6mmに変更。さらに掃気ポートの設計自由度を確保するためシリンダーピッチを拡大(92→115mm)。吸気方式もピストンバルブに変更するとともに、パワージェット付きキャブレターを採用し、高回転・高出力化をはかった。また車体には、ライダーを含めた空力特性の最適化が施された。この年、S・ベーカーが6度表彰台に上がり、ランキング2位を獲得している。

日本語